読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MONEY PANIC★:Ne:

雑記になったブログメディア。有用な情報を発信するよ!記事下に人気記事10選ありますので是非どうぞ(*´ω`*)




現代のYouTuberという生き方について1日かけて考察した

読者募集中です!→

f:id:kbr-ss944:20160507124531j:plain

YouTuberについてはちょっと前からちらっと触れていましたが今回改めて書こうと思ったきっかけの動画がこれ

youtu.be

 

これがおすすめ動画にあって

YouTuberの学園祭?2000人?どういうことだ?って見てみたら驚愕

 

テレビの有名人までとはいかなくともちょっとしたアイドルと変わりない人気

あまりいいイメージのなかった人気YouTuberでしたがこんなにも影響力があるものなんだと、気づかされました

 

一般的なイメージ

普通に生きてきた人からしたら少し道を外した生き方というか、趣味だとしてもどちらかというと良くないイメージが大きいですよね

 

ゲーム実況、商品紹介、キチガイ行動したり... 

何してんだか、なに就職もせずに遊んでるんだと思う人は少なくないはず

 

僕が感じたYouTuberの印象

ここではあくまで人気YouTuber、恐らくYouTubeによってそこそこいい生活ができているであろうと思う人たちについて分析しました

 

まずYouTubeで稼ぐ、ということから

気付いたことはテレビとやってることはそんなに変わんないんじゃないかと思いました

広告収入で成り立っていますし

 

しかし大きな違いは誰でも始められるし自由度は高い分安定収入までは非常に厳しいということ

 

日本だけでも1日で5000本以上の動画がupされている中で勝ち抜かなきゃならない

その上収入は1再生0.1円以下とも言われていました

 

毎日10万再生稼げる動画を毎日upし続けてやっと就職して働くレベルの収入

(もちろん商品紹介等あるため全てそうとはいえませんが)

そもそも再生回数だって相当面白くて宣伝能力がないと1再生すらされません

 

大体ここまで調べた所でYouTuberは立派な仕事と言えるんじゃないかと思いました

就職するより稼ぐことは遥かに難しいし、残業手当だってなくて「会社」というものに守られることもできない、福利厚生だってないというブラック企業もビックリの待遇ですが、

 

あくまで現代の発展によって今まで目も向けられなかった分野で生活ができる人達が出てきたって感じですかね

 

その中でトップの人気YouTuberと言われる人達は本当に苦労をしてきた人なんだと思います

野球で例えるなら草野球からプロ野球まであるように少しづつ努力で進んでいくというのは変わらないということです(わかりやすいかは知らない)

 

野球より年齢や時間等縛りがないというのが強みですね

 

実際に動画を見てみた

当たり前かもしれませんがやはり動画のクオリティや面白さ、見やすさ以外にも視聴者が求めているのは色々あるみたいで人気もない人のこの動画がなんでこんなに再生されているんだろう?っていうものも多かったです

 

それともちろん人気があるYouTuberはどんな動画を出してもある程度までは伸びるということもわかりました

ざっくり見た感じでは安定的して再生されているのは一部の人達だけですね

 

誰かが言っていたYouTubeで成功するのは1000人に1人以下というのはあながち間違いではないのかもしれません

 

動画の内容について書いていきます

本当に様々。ただゲームのスクリーンレコードだけだったりニュース記事の書き起こし動画だったりなんでもありでした

 

ただ先程述べた人気YouTuberに限っていうとある程度「自分」を、中心としていましたね

たとえばゲーム実況で顔出し声付きで動画を通して自分を知って貰う、人がやらないようなイベントを企画してこんなことやっていますと発信したり

 

つまり動画にその人が出ることによりファンが付く、タレント(アイドル?)に非常に近い方強い

 

ある程度の基盤があれば何をやってもその人が出した動画だからと見る人が多くなる、そこで広告を出す価値が大きくあがるということですね

テレビでいう視聴率が再生回数になるわけでその人のパワーが目に見えてわかってしまうので広告主もある程度人気のある人たちが把握しやすいというのもYouTubeの魅力かな

 

人気のある動画と埋もれていく動画

まずはじめに、昔はもっと競合がいなくて楽だったんだろうなあと思う人が多いかもしれませんが環境も違います

周りからのバッシング、成功者が少ないいわゆる背中を追える人がいない、ノウハウがない中でやらねばならないなどあるためなトータルした難しさはそこまで変わっていないと自分は考えます

 

そして見出しの内容に戻ると埋もれる動画は何を出しても80%は問答無用で埋もれると思います

数が多すぎるので。なので他人と違うことができたりスキルや人間性など他の人とは違うことをしなければ見向きもされません

 

それにいくら面白い動画を出しても誰も知らなければ埋もれるしかないので宣伝能力が必要になります

身内拡散からでもSNS拡散からでも。最初は1人ずつでも応援してくれる人達を見つけるしかないですね

 

人と違うことをする。これは難しいです

もちろん、今の日本に限った話ではないとおもいますが出る杭は打たれやすいですしネットに顔等が出れば多くの文句は罵倒がくるでしょう

 

こういったことに耐えられる、気にしないでコツコツと自分の作業を積み重ねることができる人が結局埋もれない動画を作ることが可能

 

つまり

「素直な面白さ、人と違う新鮮な企画力」

「宣伝力」

「根性」

 

この3つを身につけた上で動画を地道に出し続けることで人気のある動画が完成するんだと分析しました

 

たまにニュースだったりまとめ動画等で急に拡散することはあってもやはりその人に対する「ファン」のようなものがいないと安定した再生は得ることはできないみたいですね

 

※ちなみになんですが試しにいくつか自分も動画をあげました。その再生回数はこちら

m.youtube.com

トータル50再生くらい? やはり無名&ありきたりな動画ではゲームのネームバリューを借りてもこの程度のようです

 

最後に、まとめとか

YouTuberという生き方は非常に茨の道ですが夢はあるかもしれないですね

冒頭の動画のような異常な人気を出せる"可能性"はあるようだし

 

それに思っているより1つ1つの動画が作り込まれていたり一見くだらないことやってるように見えて実は色々試行錯誤したり準備したり大変だったんだろうなっていうものが多くてイメージが176度かわってしまいました

 

YouTuberになるということをすすめるわけではありません、上だけみて軽い気持ちでやっても恐らくすぐ現実を知ることになると思います

本当にやりたいというなら人生を動画に使い尽くしてプライドを捨てて色々な人達の協力や応援をもらうくらいの覚悟がないと無理でしょう。甘くはない、ほんとに

 

ということで、YouTuber自体新しい稼ぎ口

趣味と収入が限りなく近づいた新しい仕事という形で悪くないんじゃない!という記事でした

 

自分もこれで生きていけるとは思ってないけれど面白い動画を撮る事は興味があるため機会あればチャレンジしたいなとおもっています

 

番組の企画考えごっことかすきだったので笑

興味がある人は是非一緒にお話でもしましょう!

 

この動画を見て記事に書こうという気持ちが湧きました、正直羨ましいという言葉しか出てきません

youtu.be

 

それではこんな感じで仲間が増えたら素敵だなあと思った所でおしまい!

 

近々YouTube専用のホームページの新設とかインタビューとかいろいろしていこうと思うので是非仲良くしてください(真顔)

すごく長くなりましたが閲覧ありがとうございました!!

 

関連

 

money-pan.hatenadiary.com

money-pan.hatenadiary.com

money-pan.hatenadiary.com