MONEY PANIC★:Ne:

雑記になったブログメディア。有用な情報を発信するよ!感想やお問い合わせはコメント欄もしくは記事下のリンクからTwitterにお願いします(*´ω`*)




学生必見、扶養外れるから103(130)万稼いじゃダメ!ってどうしてなのか

読者募集中です!→

 

f:id:kbr-ss944:20160509024644j:plain

学生アルバイトあるあるです

アルバイト経験者なら103万越えちゃわないようにと時間調整したことある人多いのではと思います

 

実際越えたら税金がかかるとか何とかふわふわ〜っと分かっていても結局なんなの?とか、103万と130万で二段階あるけど何が違うのさ〜って思いますよね

 

安心してください、解説します

 

 

まずそもそも扶養とは

簡単に言うと満足に金銭を稼ぐことが出来ない者(子供も高齢者)を養うこと

 

つまりほとんど収入のない学生は被扶養者、扶養を受ける権利があるんです

 

ここでいう扶養が外れるというのはアルバイトで充分な金銭を稼いでしまうと被扶養者としての権利が無くなってしまうということ

 

つまり1人でも十分に稼げるんやろ?1人でがんばれや!って感じで1人の社会人として認められるわけです

 

扶養されている者のメリット

所得税と住民税が免除される!

103万というのは65万円の扶養控除(※)を引いて38万円の所得がある時に住民税、所得税共にかからない金額

 

38万円(控除抜きで103万円)以上の所得で所得税がかかりはじめるので103万円の壁があるということです

 

ちなみに住民税に関しては35万円(控除抜き100万円)以上でかかり103万円までなら計算上少額になりますが税金を完全に免除されるには所得を35万円(控除抜き100万円)以下に抑える必要があります

 

国民年金と国民保険料も免除!

国民年金だけでも月1.5万円とバカにならない額がかかるのでここが外れるとつらくなりますね

どちらも控除なし130万円以下なら免除となります

 

 

※扶養控除

被扶養者が稼いだ所得のうち、65万円までは税金が免除される

 

扶養が外れると...

まず扶養者(親)の所得などの控除がなくなり税金の負担が大きくなります

 

被扶養者は100万円から住民税、103万円から所得税 、130万円から国民年金と国民保険を払わなければならなくなります

 

先ほど話した通り100万円以上で住民税がかかり始めますが雀の涙程のため所得税がかかり始め、親の扶養から外れることになる103万円が被扶養者の壁として立ちはだかるようです

 

103万円を超えると所得税や住民税自体はそこまで大きくかかるわけではなく何段階か段階はあるようですが扶養が外れて親の税金の控除が減るというのが一番の問題のようですね

 

130万円の壁というのは越えれば親の保険が使えなくなったり年1.5万円の年金料がかかったり。。。

学生アルバイトなら絶対に越えてはいけないラインと言えますね

 

完全に自立したことになり、保険カードの再発行等も必要になるらしいです

 

これらが100.103.130万円の壁というものです

 

まとめ

完全に税金を抑えたい人は100万以上稼いではいけない

どうしても103万を越えなければいけない場合でも130万以上は稼がない

 

どうにもならない場合は振り切って200万以上を稼ぐのも一つの方法かもしれませんね

 

ちょっと完結過ぎたかなという気もしますが分からないよ〜って所あったら調べてみてください!(投げやり)

 

個人的にはもう少し扶養の上限上げてもいいんじゃないかなとか思ってしまいました

ちなみにパチンコは所得に含まれない(?)ようです

 

アフィリエイターももちろんアルバイト同様に所得次第で扶養外れてしまいますし結構アルバイトしながらアフィリエイト〜とかしてたら越えてしまうのでは。。。?

 

まあそんな感じでおしまい!

税金の問題は色々ありますが脱税事件にならないようにある程度の知識は持っておくことをオススメします!難しいけど!

 

閲覧ありがとうございました!

 

関連

 

money-pan.hatenadiary.com

money-pan.hatenadiary.com

money-pan.hatenadiary.com