MONEY PANIC★:Ne:

雑記になったブログメディア。有用な情報を発信するよ!感想やお問い合わせはコメント欄もしくは記事下のリンクからTwitterにお願いします(*´ω`*)




カラオケが上手くなるための方法で効果のあるものを厳選してまとめた【 初心者向け 】

読者募集中です!→

新年度始まって歓迎会だなんだでカラオケって結構多いですよね

最低限、聞いてて不愉快にならない程度の上手さになりたい!

そんな人を助けます

 

※自分はバンドのボーカルをやっていた時期があって猛勉強していたし今でも勉強中

 

色々な所から仕入れた情報の中で これは効いた! と実感できたものを書いていきます

人により効果出ないものもあるかもしれませんがそこは堪忍してください

 

今回は初心者向け、最低限聞いていられる歌を歌いたいって人用です!

 

まず選曲から

バンプの天体観測オススメだよ!福山雅治低いよ!

とかよく聞きますよね

 

あれ思ってるより遥かに高音

出せる人は簡単に出せると思いますがカラオケ慣れしていない人は出ません

 

ちなみに自分はサビに入った瞬間に散っていました

じゃあなにうたえばいいんだよ!!!

 

秘技を教えます オクターブ下げ です

 

これはなにか?

名前の通りオクターブ(音の高さ)を1段階さげるのです(カラオケのキー操作はいりません)

 

家でYouTube聞きながら歌ってる時って結構スムーズに歌えますよね、あの音程です

アーティストは基本的に常人では出すのが困難な域の高さで歌っています、サビにかぎらず

 

なのでオクターブ下げるくらいが一般人には丁度いいのです

女性曲を1オクターブ下げて男性が歌うと丁度いい高さになります

 

逆に女性は男性曲を歌うと曲の音程自体は変わらないのですが男性曲はそもそもの音程が女性に比べ低いのでぴったりあうはずです

 

もし良くわかんねえよ〜なんだよオクターブって頭痛薬かよって人は聞いてくれればもう少し詳しく教えられます

 

次に発声練習!

まず歌いながら練習することは避けてください

特に高音無理やりだそうとすると喉ちぎれます(ちぎれはしない)

 

最初は声を出すというよりその周りの筋肉を鍛えます

タングトリル、リップロールという方法で

 

これはルルルルルと巻き舌でいうのがリップロール、唇でブルブルするのがタングトリルです

 

巻き舌できな〜いって人はタングトリルでいきましょう

やり方は口を閉じて歯を噛み合せる、そこでブルルルルル!と言うとバイクのエンジンになれます。それです

 

なんとなーくできてきたよー!って人は次のステップ

 

喉仏の位置を確認してください

女の人は少しわかりずらいかもしれませんが上を向いて首をピーンとしてみるとわかりやすいかも

 

普段の喉仏の位置が変わらないようにタングトリルがリップロールをしてみてください

 

結構難しいので最初はゆっくりやっていきましょう

 

コツとしては犬のようにハッ!ハッ!ハッ!っと息を吐き出すように途切れ途切れでもいいのでやっていくと慣れていきます

 

この動作に慣れてきたらドレミファソラシドの音階を付けながら喉仏を一定に保つという少し上級技にもチャレンジしてみましょう

 

ここまで来れたらだいぶ喉の調子は良くなっているはずです!もちろん無理は禁物です

(すぐにはできるようにならないと思うのでゆっくり地道にやっていってくださいね)

 

発声練習2!

ら行 + が行  交互に言う

らがらがらがらが

りぎりぎりぎりぎ

 

これも可能なレベルで喉仏は一定に、なるべくお腹から息を吐きましょう

力は入れてはいけませんあくまでリラックスで!

 

ぱぴぷぺぽ発声

ぱ行をひたすらに繰り返す!ぱぴぷぺぽぱぴぷぺぽぱぴぷぺぽ.... 案外言えない

頑張って言おうとすると自動的にお腹から息が供給されるのがわかるくらいには効果があります

 

発音にも効果があるので2倍でおすすめですね

これもリラックスして、喉や舌に力を入れないことを心がけてください

 

発声練習3!

ハミング... 簡単に言うと鼻歌

鼻で歌を歌うのです

 

発声練習1.2をある程度やってからすると喉仏がある程度一定で固定されたまま歌えると思います(無理に意識して歌ってしまうと変なクセが付いてしまうので注意)

 

喉と舌はリラックス、お腹から歌う

最初はゆーっくりドレミファソラシドの音階から始めるのがいいですね

 

無理に力が入るようなら発声練習1.2をやり直したほうがいいかもしれません!

 

以上が今回のまとめです

 

わかりづれーよ!!!って人は気軽に聞いてください!自分でもわかりやすくかけた気はしません!!!

 

今回は誰でも無理せずやれる範囲でまとめました

何よりカラオケ慣れしていない人にはリラックスして歌うこと、お腹から力のある声が出せること、この2点が重要です

 

喉に負担がかからずに変なクセも付けないこの3つは上級者でも歌う前のストレッチとして効果があると思います(自分は絶対やります)

 

こんな感じで今回はおしまい

需要があれば選曲についてとかビブラートや裏声の出し方とかも記事にしようかなとおもっています!ないかな?

 

この記事も長くなりましたが閲覧ありがとうございました〜!

 

続編! 

money-pan.hatenadiary.com